読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春の歌

雑記 音楽

食べられそうな全てを食べた。

っていう歌詞がなんとなく耳に残って、口ずさんだりしている。

口ずさむたびになんとなく背徳感みたいなものがあって、俺は冬が好きだったはずで、春の歌を歌うだなんて。はしたない。と過去の自分が横にいたら侮蔑の目で見られることだろう。

とか思ってたけど、ああそうか、冬のことも忘れずに歌う春の歌が好きなんやなあ。とふと気づいた。

俺は自分が冬にいた頃のことを忘れたくない。寒さなどなかったかのように明るく春を歌いたくない。食べられそうな全てを食べた冬を思い出しながら、春を生きよう。